税理士・会計事務所に強い「WEBサイト・ホームページ制作」

実務情報付きホームページ制作サービス

2020年度ホームページ制作でつかえる補助金のご紹介

2020年度ホームページ制作でつかえる補助金のご紹介

2020年度もホームページの新規制作や
リニューアルで活用できる補助金が実施されています。
Webでの販路開拓やサービスの拡充のため
こちらを利用してみてはいかがでしょうか!

小規模事業者持続化補助金

日本商工会議所が行なっている制度で
販路開拓・新規顧客の獲得のための
ホームページやITツールの導入に活用できます。

  • ブランド力を高めたい
  • 商品を宣伝したい
  • HPを開設したい

そんな小規模事業者の皆様に
ぜひ活用していただきたい補助金です!

<補助額>

~50万円
※共同申請可(補助上限額×事業社数)、上限500万円(50万円×10社)

<補助率>

原則50万円を上限に補助(補助率:2/3)

<補助対象>

店舗の改装、ホームページの作成・改良、
チラシ・カタログの作成、広告掲載など
※事業計画期間において、「給与支給総額が年率平均1.5%以上
向上」、「事業場内最低賃金が地域別最低賃金+30円以上」を
満たすこと等を加点要件とします。

<受付締切>

第2回受付締切
2020年6月5日(金)
【最終日当日消印有効】

第3回受付締切
2020年10月2日(金)
【最終日当日消印有効】

第4回受付締切
2021年2月5日(金)
【最終日当日消印有効】

また、今回の公募にあたっては
政策上の観点から

  1. 新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けながらも販路開拓等に取り組む事業者
  2. 賃上げに取り組む事業者
  3. 計画的に事業承継に取り組む事業者
  4. 経営力の向上を図っている事業者
  5. 地域の特性・強みを生かして高い付加価値を創出し、地域経済への影響力が大きく、その担い手となりうる事業に取り組むことが期待される企業として経済産業省が選定した事業者等
  6. 過疎地域という極めて厳しい経営環境の中で販路開拓等に取り組む事業者

への重点的な支援を図るとのことです。
コロナウィルスの影響でいつものような業務が実現できないことも
あるかもしれませんが、こちらの補助金を活用し
Webでの販路開拓やサービスの拡充を進めてみてはいかがでしょうか。

<Webサイト>

日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金メニュー

Webサイトやサービスに関することで
お手伝いできることがあれば
弊社でもサポートさせていただきたく存じております。
わからないことや気になることなど、
何かありましたら
どんなことでもお気軽にご相談ください!

その他の市や区で実施されている補助金

上記以外にも、市や区で実施されている補助金も多くあります。
そのうちの1部をご紹介いたします。

おもてなし店舗支援事業補助金(新宿区)

多言語事業が補助対象になっています。
ホームページに英語版を作りたい方は
この機会にこちらを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

    多言語事業

  • 店舗内外の多言語表示に係る、看板・案内板等作成
  • 多言語ホームページ制作
  • 音声自動翻訳機の購入
  • メニュー表示の多言語化(デジタルメニュー表示の多言語化を含む)
  • 多言語パンフレットの制作 等

ホームページ以外でもチラシやロゴデザイン、パンフレットのデザイン制作も承っております。

<Webサイト>

新宿区ホームページ

ホームページ作成支援(豊島区)

豊島区では、企業のPRや販路拡大を目的としたホームページを
新規で作成する区内中小企業者に対し、その経費の一部を補助します。
こちらは新規でのホームページのみが対象で
「起業予定者」でも申請が可能なので、起業や開業をする方に
向いている支援です。

<Webサイト>

としまビジネスサポートセンター

その他の実施予定地域

中央区・新宿区・台東区・江東区・品川区・杉並区・豊島区・北区・板橋区・練馬区・葛飾区・江戸川区・八王子市・小金井市・小平市・日野市・国立市・羽村市・奥多摩町

中小企業のための補助金・助成金徹底活用ガイド (2019-2020年版)

経士会 (監修), 経士会中小企業診断士チーム社会保険労務士チーム (著) ¥2,860