税理士・会計事務所に強い「WEBサイト・ホームページ制作」

実務情報付きホームページ制作サービス

中小の小売事業者にむけた消費税軽減税率対策補助金のご紹介

消費税軽減税率制度の実施に伴い、複数税率対応レジの導入や 受発注システムの改修対応が必要になる事業者も多いのではないでしょうか。 中小企業庁から、これらの対応に要する経費の一部を 補助してくれる制度が実施されています! レジの使用や受発注を行う中小の小売事業者向けとなっておりますので 導入予定のある方は、こちらをお得に活用できるかもしれません!

申請できるタイプは2種類

A型 複数税率対応レジの導入等支援

複数税率に対応できるレジを新しく導入したり、対応できるように 既存のレジを改修したりするときに使える補助金です。

B型 受発注システムの改修等支援

電子的な受発注システム(EDI/EOS等)を利用する事業者のうち、 複数税率に対応するために必要となる機能について、 改修・入替を行う場合に使える補助金です。

支援対象

「所得税法等の一部を改正する法律」の成立日(2016年3月29日)から 2019年9月30日までに導入または改修等が完了したものが 支援対象となります。

申請について

申請書と証拠書類で申請でき、随時受付を行っています。 また申請サポートもあり、A型は一部販売店による代理申請が 利用可能で、B型はシステムベンダー等による代理申請が行える とのことです。

【詳細はこちら】

http://kzt-hojo.jp/

軽減税率制度を控えた今、こちらの補助金制度を 中小企業や顧問先様へご紹介してみてはいかがでしょうか!