税理士・会計事務所に強い「WEBサイト・ホームページ制作」

実務情報付きホームページ制作サービス

サービスの品質を見える化する!「おもてなし規格認証」制度のご紹介

4月もあっという間にすぎ、もうGWですね。
新年度より新メンバーが加わった事務所様もいらっしゃるかと思います。
新しい環境や業務にも慣れましたでしょうか?
弊社も4月より「おもてなし規格認証」を取得したり、
新しい事に取り組んでおります!

今回は、目に見えないサービスの品質を「見える化」することができる、
おもてなし規格認証」制度についてご紹介いたします!

おもてなし規格認証とは?

経済産業省により2016年に創設された規格で、
サービス産業の活性化・生産性向上及び
地域の活性化を目的としています。

目に見えないサービスの品質を「見える化」することにより、
事業者の活性化を促進する仕組みです。
認定されると「認証マーク」が付与され、
サービス品質が「見える化」されます。

これにより、
消費者はマークを参考にしてサービス事業者を
選択することができるようになり、
マークを持つ事業者は消費者に
選ばれやすくなることを想定しています。

おもてなし規格認証を取得するメリットとは?

(1)サービス品質の見える化

「認証書」とマークを店頭やホームページに掲出したり、
名刺やパンフレットに印刷することができます。
サービス品質を「見える化」することで、
皆さまの取組を顧客や地域にアピールできます。
また、従業員の意識の向上にもつながります。

(2)IT補助金や公的融資が受けやすく!

日本政策金融公庫では、業務の革新・改善を図る事業者への
融資制度を設けています。
おもてなし規格認証を取得した事業者は、
こちらの融資制度の支援を受けられたり、
IT補助金が受けやすくなったりするメリットがあります。

IT補助金をお考えの方は、取得しておくことをオススメします!
また、IT補助金の申請要件としては
こちらの「セキュリティアクション」も取得しておくと
IT補助金の認定がされやすくなるかと思います。
https://www.ipa.go.jp/security/security-action/it-hojo.html

IT補助金については、以下の記事でも紹介しておりますので
ご興味のある方はこちらもご覧ください。
ホームページ制作費用が最大半額に!2018年度 IT導入補助金のお知らせ

(3)生産性の向上と経営品質の向上

サービス産業は日本のGDPの7割を占める主要産業です。
しかし、製造業などと比較してその生産性は低く、
また先進諸外国のサービス産業と比べてもその伸び方は鈍いとされています。
おもてなし規格認証 2018」の規格は、
顧客・従業員・地域の満足を促進するだけでなく、
自社の生産性の向上につながる視点でも策定されています。

サービスの質をアピールしてさらなる業績アップを

弊社もおもてなし規格認証を取得し、登録証を取得いたしました!
おもてなし規格認証を取得し、認定マークをホームページや
チラシなどに追加すればサービスの品質をアピールできるのではないでしょうか?
詳細はおもてなし規格認証の公式ページからもご確認いただけます!
https://www.service-design.jp/